法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

スタッフ活動報告

2020年07月02日

コロナに負けず下半期も頑張ろう

こんにちは、早いもので今年も上半期が終わりました。
上半期を振り返ってみると、年始に「今年はやりたいことをやりきるぞ」と誓った1年でしたが、コロナウィルスの影響で、世の中の状況が大きく変わり、計画倒れになっている状態です。

税理士試験もいよいよ残り1ヶ月半となりました。(今年は受験票が届いておらず、延期になる可能性も?)
「もう今回は無理だ、また今度」と思ってしまいがちになりますが、あきらめたら終了なので、気持ちを切替えていこうと思います。

話は変わりますが、コロナウィルス対策で下半期から実施されるもので家賃支援給付金制度が実施されます。

具体的にはテナント事業者(中小企業者に該当)で令和2年5月〜12月において
1)いずれか1ヶ月の売上高が前年同月比で50%以上の減少
2)連続する3ヶ月の売上高が前年同月比で30%以上の減少
上記の@またはAいずれかに該当した場合、申請時の直前の支払賃料の金額をもとに6ヶ月分(法人は最大600万円、個人事業者は最大300万円)相当額を給付するものです。
国の持続化給付金の申請やセ−フティネット借入の申込にもあったご相談等が多くなると思うので、試算表の作成等迅速に対応していくよう準備していこうと思います。

コロナウィルス対応で追われてしまった上半期でしたが、少しでもこの状況が改善されて、気持ちが晴れやかになれるように、また自分自身ができることを常に考えて行動していこうと思います。
浦田


posted by 山崎義孝税理士事務所スタッフ at 09:30| 浦田義宣
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ