法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

スタッフ活動報告

2020年07月03日

ステイホ−ム

私は医療従事者を家族に持つものとして、今回の新型コロナウィルスの怖さ・大変さを現場の声として直に聞いていたこともあり4月からステイホ−ムを徹底して過ごしておりました。
特に4月に関しては社会全体をみても感染がピ−クに達していたこともあり、誰とも人と会わないために家に閉じこもっておりました。

始めの1週間はすごく楽で、こういった生活もいいな〜と満喫しておりましたが、すぐに外に出られない閉塞感・不自由さに襲われ、この生活がいつまで続くのだろうと先の見えない不安からストレスがたまる一方の日々となりました。

そんななか私の唯一のストレス発散法といえば趣味の競馬です。

居酒屋やパチンコ屋等の娯楽施設、商業施設やスポ−ツ施設等ほとんどすべての場所が自粛ムードとなっていたなか、無観客とはいえ唯一競馬だけは開催していました。

開催にあたっては、現場のすべての関係者の並々ならぬ感染対策等に対する努力の賜物だとは思いますが、そのおかげで毎週末に競馬観戦を楽しみに日々生活している方々の1人となっており、感謝しかありません。

徐々に自粛も解除され、外出等もある程度できるようになってきていますが、やはり以前のように自由な行動というのにもブレ−キがかかってしまう現状です。

{当り前じゃないからな!!}

今では笑いのネタになっているような感じではありますが、極楽とんぼの加藤浩次さんが例の会見で発した言葉です。
今回のコロナの騒動で、今までの日々の生活が当たり前だと思っていた自分としてここ最近すごく頭に残っている言葉です。
(当然当時の発言の意味とは全然違うのですが(笑))

ウィズコロナと言われ、今後しばらくはコロナウィルスと共存していく当たり前ではない生活が続いていくことになるとは思いますが、今までのように何にも気にせずにお酒を飲み、旅行をして、堂々と外出できる当たり前の生活に戻れるため早くコロナが収束することを祈るばかりです。
古賀


posted by 山崎義孝税理士事務所スタッフ at 09:30| 古賀裕馬
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ