法人企業・個人事業主の税務・会計・申告・節税対策

スタッフ活動報告

2014年10月03日

年金の受給時期についての相談をよくいただきます

みなさんこんにちは   
山崎税理士事務所の吉元です。

今年も早いもので残り3か月となりました。
朝晩は肌寒くなり冬の訪れを感じる今日この頃、私ども税理士事務所職員にとって、年末へ向け忙しい日々が始まろうとしています。(泣)

私が事務所に入社して1年が過ぎ、担当としてお客様の所にお伺いする機会が増えてきたのですが、年金の受給時期についての相談をよくいただきます。
「年金をいつから受給できるのか、また、いつから受給した方がいいのか」
などで悩まれているようです。
確かに年金の受給できる年齢は以前に比べて遅くなっており、今後もそれが進むと予想されます。「将来は75歳からの受給になる」などと分析する専門家もいるようです。
男性の平均寿命は77歳なのに・・・・。
といつもお客様と一緒になって老後の心配をしています。(笑)

現在日本では少子高齢化が進んでおり、以前は10人以上で1人の高齢者を支えていたのに今では約3人で1人を支えているのが現状です。
日本の人口も年々減っており、2060年には9,500万人を下回るみたいです。
人口が減るとますます財源の確保は難しくなり、年金のシステム自体もたちいかなくなってしまう事でしょう。
そうならない為にも今現在の人口を保たないといけないのですが、そのためには出生率を2.07%に引き上げ、外国人を年間20万人も受け入れなければならないというハードルの高いものとなっているみたいで、それがしっかり実現されるのは難しいでしょう。
それでも近年、外国人労働者の受け入れを積極的に行っているようで、私の住んでいる所は少し都会から離れているのですが、駅前でたくさんの外国の方とすれ違います。
それをみて、年々外国人の方が日本国内に増えているんだなぁと感じています。
しかし、受け入れを積極的に行っている反面、制度が整っていない面も多くあり、特に介護の試験は外国人の方が受かりにくい現状があるため日本で働くことをあきらめる人が数多くいるみたいです。
そのような現状を踏まえ、これから先外国の方々との関わりが一層大切になりそうです。

年金の問題・消費税の問題等いろいろと悩ましい問題はありますが、今年も残り3か月ですので、良い一年だったと言えるように頑張っていきましょう。
吉元一弘

posted by 山崎義孝税理士事務所スタッフ at 18:30| 吉元一弘

2013年06月05日

成せば成る、成さねば成らぬ、何事も

 皆様初めまして。
先月より入社させて頂きました、吉元と申します。

 入社させて頂き早くも1ヶ月が経とうかとしておりますが、初めての経験ということもあり、日々自分の未熟さ・会計の難しさを実感しております。
正直なところ、法律的なことはもちろんとして覚えることが非常に多く、すごく大変な仕事だと思いますが、その分やりがいもあり、自分自身をもっと成長させることができる仕事ではないかと思っております。
まだまだ未熟者で、諸先輩方の力にはなれておりませんが、「成せば成る、成さねば成らぬ、何事も」の精神を元に日々向上し、業務のスキルアップに努めていけるよう頑張っていきたいと思います。

 これから先、また暑い夏がやってきますが、体調管理には十分気を付けて業務に励んで参ります。
宜しくお願い致します。
吉元一弘
posted by 山崎義孝税理士事務所スタッフ at 18:00| 吉元一弘
各種お問い合わせcontact
お電話はこちら
092-584-6018
電話受付(平日)9時〜18時
Fax.092-584-7674
メールフォームはこちら
メールでのお問い合わせ
お申し込みは24時間受け付けております。

ページの
トップへ